みずほ銀行カードローンの借入について

キャッシングやカードローンについて考えてみたいと思います。

消費者金融サービスは様々な企業での提供が拡がっています。

消費者金融会社やクレジットカード会社、信販会社などがサービスを提供しています。

サービスが拡がる理由になっている事の一つとしては平成22年6月18日施行に施行された貸金業法があります。

主な特徴は貸出額の上限が収入の3分の1に制限されたことが挙げられます。

これを総量規制と呼びます。

この事により貸金業法の影響下にある消費者金融会社やクレジットカード会社、信販会社(http://www.xn--t8jl0a7pf7657bk7bd26s.com)などが影響を受けることとなりました。

このような状況の中で総量規制の影響を受けない、銀行などのカードローンの展開が活発化してきました。

その銀行系カードローンの中で特徴的なサービスを提供しているのがみずほ銀行カードローンです。

みずほ銀行カードローンは大手都市銀行のみずほ銀行が提供しているカードローンです。

銀行系カードローンは三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、りそな銀行等でも展開をしています。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行はグループ会社内に消費者金融会社を有していますので、保証会社は傘下の消費者金融会社を使っています。

しかし、みずほ銀行はグループに消費者金融会社を有していないために、オリエントコーポレーションが保証会社になっています。

このあたりは異なる点になります。

主な特徴はまず低金利です。実質年率は4.0パーセントから14.0パーセントの水準です。

また、最大貸出枠は1,000万円と大型の貸出枠を有しています。

銀行系カードローンの中でも大きな枠を誇っています。この位の枠があれば、おまとめローンとしても検討が出来るのではないでしょうか。

このように銀行でもカードローンサービスの充実を図っていますので、借入などでご利用の際にはぜひご検討下さい。

きっと、みずほ銀行カードローンはあなたのご要望に応えてくれるはずです。

借入の目的は

一般的には、目的を持つ自動車ローンや住宅ローン、もしくは教育ローン等は、これらの借入に伴いその使途を証明しなくてはいけない提出書類が非常に多く借入に伴う準備が面倒である事は確かです。

しかし、こうした目的を持ち必要書類が多い借入商品の場合は目的を持たない融資よりも金利が低く負担なく利用できるローンである事も確かです。

逆に目的は持たず、利用は何にでも使えるローンの場合は、借入するにも非常に早く済み、必要書類も本人確認書類だけでOKな場合が多いですが、金利が目的を持つローンよりもやはり高くなる事は否めません。

このように、目的別によって借入ル融資商品は異なりますし、その商品により特徴が異なり、いずれにおいてもメリットやデメリットがあるので借入をする場合はいずれの商品を借入る場合であってもよく比較し選択しなくてはいけません。